”細山貴嶺が大変身 “おデブな子役  いじめ体験から体重47kg減 #細山貴嶺

“おデブな子役”細山貴嶺が大変身 いじめ体験から体重47kg減

“おデブな子役”細山貴嶺が大変身 いじめ体験から体重47kg減
左は“おはキッズ”で活躍した頃の細山貴嶺さん(提供写真)
 きょう登場するのは子役“おデブキャラ”でブレークした細山貴嶺クン(20歳)。0歳でタレントデビューし、「おはスタ」(テレビ東京系)の“おはキッズ”として活躍。また、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)や「英語でしゃべらナイト」(NHK)などの番組で頭脳明晰の英才おぼっちゃまで人気だった。今どうしているのか。

「“太いけど、細山ですっ!”だったボクのキャッチコピーは、“細くなった、細山ですっ!”に変わりました」

「中学時代はMAX107キロあった体重が、ダイエットの結果、今は60キロ前後をキープしてます。以前は服を買うのもサカゼンの2Lから3Lサイズ。超汗っかきだったから、真冬でも掛け布団なしで、冷房18度の部屋にパンツ一丁で寝てた。でも、今は暑いのが超快適で、ハハハ」

 しかし、だ。持ち味を捨てちゃって大丈夫か?

「実は深刻な悩みを抱えてた時期がありまして。仕事になるとテンションが上がり、明るいキャラを演じられたんですが、幼稚園、小学校と通ったインターナショナルスクールではクラスでしゃべれないほど内気だったんです。おまけに太ってたため、クラスメートから“死ね!”“臭い!”“キモい!”なんて言葉の暴力は日常茶飯事。首を絞められ、失神したこともありました」

 いじめは食欲に影響した。

「食事の目的がストレス解消に変わっちゃったんですよ。気がついたら、朝、昼、夕、晩、深夜の1日5食。それだけじゃない。カツ丼とカルボナーラとかダブル炭水化物が大好きで、当然、太る、太る、ハハハ」

 今でこそ笑っていられるが、当時の悩みは超深刻。未遂に終わったとはいえ、自殺を図ったこともあったとか。

「結局、太ってるからいじめられるんだと改めて思い知り、いじめから脱するには痩せるしかない、と決心したんです」

■現在は慶大生、米国留学も

 きっかけは7年前のバラエティー番組「ピン子の時間」のダイエット企画だった。

「レコーディングダイエットといって、食べた物とそのカロリーを記すダイエットで10キロ痩せ、さらにドレッシングなしのサラダを3食食べ、毎日2時間のランニングやエアロビクスを続けたら、見る見る体重が減っていった。とたんに体重計に乗るのが楽しくなりました」

 最終的には47キロの減量に成功! 12年、「デブ、死ね、臭い!を乗り越えて」(マガジンハウス)を出版した。

「痩せられたことで自分に自信がつき、今度は勉強もガンバってみようって気持ちになりましてね」

 かくして、現在、慶応義塾大学法学部政治学科2年生だ。

「今年の夏からカリフォルニア大学サンディエゴ校に交換留学が決まり、今は準備に追われてます。向こうでは心理学を学びたい。今のボクはいじめられた経験がすべての根源になっていて、いじめっ子といじめられっ子、それを見てるだけの傍観者、そういった人間の心理を深く勉強したいと思ってます」

 いじめを克服してからは、講演に招かれる機会も増えた。

 最後にご覧のようなイケメン。さぞやモテモテだろう。

「そんな、恐縮です。でも、正真正銘、20年間、彼女ナシです。アメリカに行って初めての彼女が金髪……。いえいえ、勉強優先。そんな不埒なことは毛頭考えていません、ハハハ」

引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000002-nkgendai-ent

細山貴嶺 ダウンタウン
細山貴嶺 英語
細山貴嶺 ブログ
細山貴嶺 ダイエット方法
細山貴嶺 ダイエット
細山貴嶺 大学
細山貴嶺 高校
細山貴嶺 身長
細山貴嶺 痩せた

子役タレント細山君が、デブ、死ね、臭いのいじめを乗り越えて!

細山君

千代将太、細山貴嶺、高橋隆大「あまいかきの実としぶいかきの実」
https://www.youtube.com/watch?v=5XVumZOhmr8

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top