「うちの子たちが何をした」 シリア「化学攻撃」で家族22人死亡

シリア北西部イドリブ県の反政府勢力地域ハーン・シェイフーンで4日、化学攻撃が疑われる爆撃で少なくとも58人が死亡した。

攻撃でアブドルハミード・アルユセフさんは、1歳に満たない幼い双子と妻のほか、自分のきょうだいを含め親類19人を失った。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top